ホームTag
屋根リフォーム
費用概算
あなたの家の
工事価格
ガルバニュウム
鋼鈑の相場
 
見積チェック
ポイント
施工事例集
1, 2, 3, 4, 5
 屋根の構造、
施工方法
 屋根の材料
について
計画で大切なこと
工事でやって
はいけないこと
瓦は
地震に弱い??
悪徳業者
の手口
屋根と外壁の
色合わせ
会社概要
工事種目:
 瓦、カラーベスト
 コロニアル、スレート材
 金属材料葺き替
 スレート材系屋根の
 復旧工事
 (美観再生工事)
 ガルバニュウム鋼鈑 
 カバー工法
 雨漏り修理・屋根修理
 屋根塗装
 屋根部防水工事
 外壁防水工事
 外壁工事


  工事事例 3


 

棟(むね)瓦部分の修理「漆喰(しっくい)補充工事」

<img src="K_mente_1.jpeg" alt="事例施工前写真1" />
 10年間雨や風雪にさらされ続ける為、陶器質でない棟漆喰部分(表皮)は、大概剥がれてしまって
いる場合が多く、漏水・棟部沈下等の原因になります。 漆喰剥がれが起きている場合は、完全に
漆喰を剥がし葺き土の表皮までを取り除き、改めて南蛮漆喰にて補充・補強すると有効です。

<img src="K_mente_2.jpeg" alt="事例施工前写真2" />
屋根の棟(むね)の部分です。 一番上半円形の棟瓦(むねかわら)、その下4段重ねの平瓦
(ひらかわら)、その下に茶色く見えているのが、葺き土で、漆喰を剥がして葺き土が露出しています。 葺き土は、ほぼ無傷なので、この上から漆喰を施工します。

<img src="K_mente_3.jpeg" alt="事例施工前写真3" /> 
 左の棟(むね)は、一番頂上の棟、右は、下がり棟です。 平瓦(ひらがわら)の下、黒いものが、
南蛮漆喰と呼ばれるもので、これを補強・充填したところです。 漆喰は、白色だけではありません。

<img src="K_mente_4.jpeg" alt="事例施工前写真4" />
   完成です。 写真は、頂上から下がり棟の部分をみたところです
   漆喰は、10年ぐらい経つと、劣化し剥がれてきます。 ですからこの周期で、メンテをしないと
雨漏りの原因になり ”屋根”の耐用年数が長くなりません。 瓦自体は全く問題ありません。
←前ページへ                      ⇒次のページへ

   あなたも、このサイトを利用して納得の屋根を手にいれてください。
詳しい利用方法は、下記をクリックしてください
 連絡先へジャンプ

Nobilis Worksが運営している、姉妹HP:    
東京屋根リフォームお助け隊 大阪屋根工事お助け隊 愛知屋根工事お助け隊
静岡屋根工事お助け隊: 神奈川屋根工事お助け隊 茨城屋根工事お助け隊
屋根工事お助け隊:

 

屋根リフォームお助け隊は、これから屋根の葺き替え、工事、修理をお考えの方に
リフォームの相場・概算・見積・費用をお知らせします。
屋根リフォームは、屋根リフォームお助け隊まで!

Nobilis Works 「屋根リフォームお助け隊」/copy right all reserved